【2016年1月北海道 苫小牧】藤沢レオ(場の彫刻 IV)×清水フミヒト(舞踊)×中坪淳彦(音響) 『BorderLoss』

▼「NITTAN ART FILE インスピレーション」関連イベント 藤沢レオ(場の彫刻 IV)×清水フミヒト(舞踊)×中坪淳彦(音響) 『BorderLoss』 ▼2016年1月8日(金) ▼苫小牧市美術博物館 第2展示室 〜「境界/Border」を積極的に「失う/Loss」ことで、拓ける景色。 空間/身体/音、越え渡るひとつの世界〜 ▼アーティスト 藤沢レオ(彫刻家/金属工芸家) 清水フミヒト(舞踊家) 中坪淳彦(音響作家) ▼日時:1月8日(金) ▼会場:苫小牧市美術博物館 第2展示室 ▼開演: ①12:30〜13:00 公開リハーサル ②16:00〜16:30 本番 公演時間:30分 ▼入場料:展覧会入場料(大人300円、小中生以下無料)のみ(公演観覧無料) 美術博物館(0144-35-2550)へ、事前にお申し込みください。現在苫小牧市美術博物館にて開催中の「NITTAN ART FILE インスピレーション」展出品中の藤沢レオ「場の彫刻 IV」を舞台に踊らせていただきます。 昨年は、レオさん、中坪さんとホワイトクリスマスを過ごしました^_^ 我々も楽しみな2016年初公演になります! その丘を越え、手をつなぐ。人、自然、、。 ボーダロス 鑑賞記 筆者:千葉和魂 (同人作家) ◆千葉和魂:1980年1月23日北海道室蘭市生まれ、 苫小牧市在住。 NPO法人樽前artyプラス理事。 測量士の仕事の傍ら小説やエッセイを執筆。 ほかにも演劇公演や音楽イベントの コー ディネートも手がける。

Copyright 2016 Fumihito Shimizu All Rights Reserved.